食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

2019-11-03から1日間の記事一覧

『雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)へ、防災ハンドブック持ってGO-!!』

『雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)へ、防災ハンドブック持ってGO-!!』 今日はペンギンの副代表との繋がりで、長崎県島原市平成町にある記念館へ「ながさき食物アレルギーの会ペンギン」の活動として行ってきました。 1990年(平成2年)に発生し、1996…

『県民生活部食品安全・消費生活課 びわ太郎食育通信に食育推進活動表彰紹介』

『びわ太郎食育通信に食育推進活動表彰紹介』 県民生活部食品安全・消費生活課より、職場にびわ太郎食育通信が届いていました。 令和元年度長崎県食育推進活動表彰式が紹介されておりました。 この賞は社会的貢献度が高く、他のモデルとなる実践的に食育活動…