食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

負荷試験 卵黄(完了)

 

卵黄、4歳で負荷試験にチャレンジしました♪

ドクターの管理の元、病院で実施!!

息子の場合、手順としては(★あくまで我が家の息子の場合なので、主治医の先生の指示に従ってください。)

①固ゆで卵を作りそれをきれいに割り、卵白と卵黄に分ける!

f:id:allergy_nagasakikko:20160502220241j:plain

f:id:allergy_nagasakikko:20160502220402j:plain

②卵黄を1/16にする!

f:id:allergy_nagasakikko:20160502220451j:plain

1/16って崩れます(;_;) 参考までに写真の上の卵黄が1/16量、下が1/2量。

この1/16量を時間をかけて少しずつ食べさせます。ドクターは湿疹がないか発赤がないか、呼吸音は正常か・・・など15分おきにチェックしてくださり、異常がなければまた食べて!の繰り返しとなります。

結果的には、自宅での負荷にOKが出て1年半かけて、丸々1個の固ゆで卵黄解除になりました(^_^)v 過ぎてみればあっという間に解除♪♪ 

ちなみに卵白はまだまだ出来ない状況です(^^ゞ