食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン持ちの食物アレルギー・喘息男児を持つ、家庭科教師の母です。息子が小さい頃はお米・麦茶も発赤・発疹が出て15種類以上陽性。4歳から固ゆで卵黄の減感作療法を始め1年半かけて寛解。8歳から小麦の減感作療法を始め1年1ヶ月で寛解。現在10歳、生卵・そば・ナッツ類・キウイ・カカオ陽性。

負荷試験 小麦(入院にて減感作療法) 初めてのう・ど・ん♪♪

昨年3月のの血液検査の結果、

相変わらず『小麦はクラス6測定値100以上で測定不能』

しかし、ω-5グリアジンが下がっていることが判明!!

      ↑グルテンの一種でアナフィラキシーの診断に有用

『クラス2、測定値3.47』

 

・・・ということで、ドクターから試してみても良いかも♪というお話があり、

夏休みに入院し減感作療法を実施♪♪

 

点滴してルート確保して

まずは0.5g・・・

おぉ~!!!

1g・・・

おおぉ~!!!!

2g・・・・・

おおおおお~!!!!!

成功~~~ (^o^)丿

 

と約2時間で完了!!

 

f:id:allergy_nagasakikko:20160503162442j:plain

病院でのアレルギー対応食♪を昼食にモリモリ食べ、予後を観察し何も異常なし♪

ということで自宅での負荷OK♪

そして1泊入院の準備をしてきたのに(何か症状が出たらお泊まりの約束)、

夕方には帰宅(^^♪

あっという間の日帰り入院でした。

ドクター2人に対し、息子以外にもう一人男の子がおり、入院病棟の処置室?みたいな所で実施。

全部で¥18.650なり・・・(小学生の医療費補助なしの時だったので(;_;))

 

ちなみに下は病院での昼食時、トレーに載っていたメニュー表♪

アレルギー食で、ここまで出してくれるのね~と勉強になりました♪

さすがプロ(^^♪

f:id:allergy_nagasakikko:20160503164401j:plain

 

 ★あくまでも我が家の息子の場合は・・・という紹介なので、主治医の先生の指示に従ってください★