食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

卵の負荷 あんぱん

f:id:allergy_nagasakikko:20170105210325j:plain

 

卵の負荷として、『あんぱん』シリーズ~\(^o^)/

 

息子は同じあんぱんでもお店によって発赤が出たり出なかったり・・・

症状の一貫性が未だによくわからないので、色々なお店のあんぱんを試しています。

 

今日は町にある、とあるパン屋さん。

 

息子がこのあんぱんを食べると・・・

『餡子が真ん中にしかなくて少ない、周りはまずい、甘いだけ・・・』と。

 

え~、私行列に並んで買ってきたんだけど~

結局息子は餡子だけ食べて終了~

負荷になってな~い(^^;

 

私が残りの生地を食べてみると・・・

 

確かに生地の美味しさナッシング~♪

この小麦粉、どこ産かな~(@_@;)

甘いだけだよ~と言ってたことがよくわかったよ~♪

息子~、よくわかったね~!!

さすがアレっ子、舌が敏感!!

 

食アレがあって他のお子さんと違って色々食べられないからこそ、質の悪い材料、砂糖過多なもの、食品添加物に敏感に反応して、『まずい』(語彙が少ないもので(^^;)という表現をしているのかなと思っています。

 

『食アレあるある』ですよね~(*^^)v