食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

節分 ~長崎紅大根のなます~

f:id:allergy_nagasakikko:20170203132348j:plain

「長崎紅大根」は長崎の伝統野菜のひとつ。

長崎紅大根は歯ごたえがあり、すっきりした味わいであるの野菜で、長崎市内では節分料理の食材として古くから利用されています。

長崎紅大根は「赤鬼の腕」に似ているところから、この紅大根を食べることで鬼を退治する意味があると言い伝えられており、江戸時代より節分の祝いの時に、紅大根の酢の物と金頭の煮つけを食べる風習があるそうです。
地元では「節分大根」、「鬼の手大根」とも呼ばれることもあるそうです。

 

昨日手に入れたので、なますを作ってみました(^^♪

f:id:allergy_nagasakikko:20170203132611j:plain

 

2人分

  • 紅大根:100グラム
  • 大根:25グラム
  • 塩:少々
  • 砂糖:大さじ2分の1
  • 酢:大さじ1
  • 薄口醤油:少々

 

 

まずは薄切り~ 

この時点でキレイ~\(^o^)/

f:id:allergy_nagasakikko:20170203132749j:plain

 

千切り~

普通の白い大根も千切りして混ぜて塩振って放置~

f:id:allergy_nagasakikko:20170203132753j:plain

 

絞って、調味料を混ぜいれて完成~\(^o^)/

f:id:allergy_nagasakikko:20170203132611j:plain

うん、やさしいお味で美味しい~(≧▽≦)!!

 

引用:

長崎紅大根(ながさきあかだいこん)|長崎県のご当地食材/食品|Discover Nippon(ディスカバーニッポン)