食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

長崎新聞朝刊『食物アレルギーサポーター』の活動掲載

f:id:allergy_nagasakikko:20180321075617j:plain

本日の長崎新聞朝刊で

『食物アレルギーサポーター』

の活動について掲載して頂きました。

 

『まずは知って頂きたい』という思いをお話させて頂きました。

 

昨夜遅くまで原稿の手直しをしてくださったK記者、大変ありがとうございました!!

取材は先週して頂いたのですが、昨日も何度となくやり取りをして、細かいところまで入念に合わせて・・・を繰り返しました。

新聞記者さんの大変さを肌で感じました!!

 

今回取り上げて頂いたことに心より御礼申し上げます。

息子がお米や麦茶を含む15種類以上のアレルゲンを持っており親子できつい思いをした分、今まさに食物アレルギーで困っている、悩んでいる方のお力になれるようこれからも精進して参ります。

 

高校の後輩ということもわかり(笑)、ご縁に感謝申し上げます!!

 

☆最後の部分は町名など書かれてありますので、隠させて頂きました。