食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

ニッポンハム食の未来財団様より『食物アレルギーのひみつ』当選

f:id:allergy_nagasakikko:20180331075000j:image

ニッポンハム食の未来財団様より

『食物アレルギーのひみつ』

が届きました♡

ありがとうございます!!

 

H28年3月末に完成し、全国の小学校(約22300校)及び公立図書館へ寄贈したとのことです。今回プレゼントくキャンペーンに応募し当選しました♪♪

 

内容は、ミクちゃんという乳アレルギーの転校生がやってきて

・給食、調理実習、旅行などについてどうすればよいか

・食物アレルギーだけではなく、世界中には色々な文化や風習、宗教があり食べ物に関する様々な決まりがあるが「食べるものは色々でも食は楽しい」

 

などなど小学生が読んで非常に理解がしやすい内容です♪♪

うちの息子はかなり集中して読んでいました♡

 

ニッポンハムさんは、特定原材料7品目を使用しない専用工場を山形県酒田市に持っていらっしゃいます。

米粉パン、「みんなの食卓」シリーズのハムやウインナー、ハンバーグなど作っています。

食品メーカーとしていち早く、アレルギーケアに注目されて様々なアレルギー対応食品を製造されています。

 

それらの商品、うちの近くだとイオンや岩見町のMaxvalueに置いてありますね♪♪

 

このような企業があることで、食アレっ子の母としては大変有難く、また勇気づけられます。

私はこの商品の存在を知らず(長崎では取り扱いしていなかった?)、以前は私が体調を崩しても、這ってでも息子の食事を作らなければ!!という状況でした。

実際に、肋骨折って自宅で寝たきりな状況でも息子の食事だけは作っていました(^^; 

 

世の中の食アレっ子とその保護者に寄り添って頂けるニッポンハムさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもどうかよろしくお願い致します♡

ありがとうございました!!