食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

『油あげのメンチ風おかず ・おからだけで白和え ・ヨモギ餅』~のり子先生の食育教室~

日本食育協会上級食育指導士 筑濱のり子先生の食育教室♪♪

長崎市竹の久保町 ココラボさんにて~

 

まずは食育♪♪

食物繊維について

・不溶性食物繊維

・水溶性食物繊維

 

普通の料理教室では、ここまで野菜やおからを使わない。 

 

不溶性食物繊維→大腸で働く→便の排出を促す・善玉菌を増やす

水にとける繊維→栄養を吸収する臓器=小腸で働く→絨毛が立つ

 


家庭料理は心も育てる‼️

 

食物繊維がたっぷり入っている食事で、生活習慣病予防

f:id:allergy_nagasakikko:20180424185707j:plain

f:id:allergy_nagasakikko:20180424185723j:plain

f:id:allergy_nagasakikko:20180424185902j:plain

 

f:id:allergy_nagasakikko:20180424185906j:plain

さあ、お勉強のあとは皆さんで調理です(^^♪

 

 

 

『冬場に眠っている細胞を起こそう→野菜たっぷり』

・油あげのメンチ風おかず

・おからだけで白和え

ヨモギ

f:id:allergy_nagasakikko:20180424201132j:plain

 

 

『油あげのメンチ風おかず』

味のベースはキムチ♪

あぶらあげを湯通しし、端を手であける。

 半分裏返しても良い。

②具材を作る。

 キムチのみじんぎり(今回は大根。白菜でもなんでも良い)

 小松菜の茎→生のままみじん切り

 もやしとしめじ→みじんぎり→フライパンで焼く
 玉ねぎ→ざく切り

 パプリカ→みじん切り、飾り用に1人2本の縦細切り 

 ニラのみじんぎり

 おから

 卵2個 
 肉みじんぎり400

 (今回は豚肉。挽肉でも鶏肉でも何の肉でもOK。豆腐でも大豆でもタンパク質ならOK。)

f:id:allergy_nagasakikko:20180425094047j:plain

③具材を混ぜながら、薄口しょうゆ(白だし)少々を入れ、更によく混ぜる。

④つなぎに米粉を少し入れる。 

⑤具材を①の油揚げにしっかりと詰める。

f:id:allergy_nagasakikko:20180425094054j:plain

f:id:allergy_nagasakikko:20180425094526j:plain

⑥オイルを塗り、フライパンで蓋をして良い焼き色がつくまでよく焼く。

⑦カットして出来上がり

 

 

 

『おからだけで白和え』
①おからをすり鉢でよくする。

f:id:allergy_nagasakikko:20180425094014j:plain

②材料をどんどん入れながら混ぜ続ける。

 白味噌大さじ3

 砂糖 大1.5

 すりごま

 小松菜の葉(茹ででカットしたもの)

 今回は入れなかったが、さといもを入れるなら3個ぐらい。

 茹でて、おからと一緒にすりつぶす。

 

 ヨモギ餅』

ヨモギを摘み湯がく。

②ボールに、米粉・おから・①・水を適量入れよく混ぜる。

③餡子を包む。

f:id:allergy_nagasakikko:20180425095012j:plain

f:id:allergy_nagasakikko:20180425093942j:plain

④③を20分ぐらい蒸す。

今回は米粉だけだが、だんご粉(=もち米、モチモチする)を入れても〇。

 

 

今回も大変勉強になり、美味しく、自宅で作れるメニューばかり教えて頂きました♡

 

ココラボさん、のり子先生、ご参加の皆様ありがとうございました\(^o^)/