食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン持ちの食物アレルギー・喘息男児を持つ、家庭科教師の母です。息子が小さい頃はお米・麦茶も発赤・発疹が出て15種類以上陽性。4歳から固ゆで卵黄の減感作療法を始め1年半かけて寛解。8歳から小麦の減感作療法を始め1年1ヶ月で寛解。現在11歳、生卵・ナッツ類・キウイ・カカオ陽性。

先日のアレルギー外来受診備忘録~みなさん生卵の負荷どうされていますか??~

f:id:allergy_nagasakikko:20180611060518p:plain

先日のアレルギー外来受診備忘録

~みなさん生卵の負荷どうされていますか??~

 

息子、卵は「生卵」以外寛解しています。

給食的には卵オールOK~♪♪

という段階。

 

ここまでの負荷で終わるのか休止するのか、

生卵にもチャレンジするのか・・・

保護者の考え方次第。

 

我が家は、外で親子丼食べられるの??

大人になって困ることがあったら困る!!

ということで、生卵にもチャレンジすることになりました。

 

既に寛解している

「プリン・マヨネーズ・アイス」

の段階から

「生卵」

への進め方です。

 

 

・卵の負荷は自宅でも外来でも?

→自宅でする方が多い

(理由:卵の加熱具合の目安がないので、同じように作ったつもりでもブレがある。)

 

・進め方は?

スクランブルエッグ

ほっともっとの親子丼を持参したケースも

卵かけごはん

 

う~ん、決まりがないし数値として加熱具合が出るわけでもないので、これは難しいと改めて痛感(◎_◎;)

 

その他に伺ったこととしては

・小麦が寛解して1年半経つが、もんじゃ焼きにチャレンジする確認

  →「初めてその質問されました」とのこと~

 変な質問してすみません~!!

 でも、念のためドクターに伺いたかったのです(^^;

 A:大丈夫だと思いますよ♪

 

・ピスタチオの今後

 →つぶしたり、粉末で10g

 

・エピペンのやめ時

 →もう大丈夫という段階で止める方、たぶん大丈夫という段階で止める方、色々。

 (息子は勿論、まだまだ持たないといけない段階。

 気持ち的にもエピペンなしで登校させられないです(◎_◎;))

 

・残りのアレルゲンの確認

 生卵、カカオ、キウイ

 

・次回、生卵の負荷をしてもよい

→自宅でチャンレジしつつ、次回はスクランブルエッグか生卵がどちらか持参。

 

 

今までの負荷のように数値が出ないことが怖い&不安ですが、

自宅で試行錯誤しながら進むしかありません。

ちょっとずつチャレンジしてみます~(^^;

 

☆あくまで我が家の場合のお話ですので、主治医の指示に従って負荷試験は進めていきましょう。

 

#食物アレルギー

#減感作療法

#負荷試験

#生卵

#生卵アレルギー

#食物アレルギーサポーター

#長崎市