食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

生卵の負荷→オムライスの卵を少し加熱を緩く

f:id:allergy_nagasakikko:20180617172015j:image

生卵の負荷→オムライスの卵を少し加熱を緩くしてみました♪♪

 

両面焼いて、ほんの少しだけ火の通し方を甘くして作ってみました。

結果は・・・

 

 

唇が少しタラコのようになりました~(◎_◎;)

負荷をして症状が出たのは、かなり久々。

 

結構火を通したつもりだったのですが、

これで症状が出るって・・・

進めづらい・・・

が正直な感想です。

 

 

ちなみに親はこの加熱具合で、かなりのトロトロ具合~
f:id:allergy_nagasakikko:20180617172005j:image

やはり生卵の負荷試験は、難しい~!!

 

でも夫が自宅にいるうちに、色々試して軌道に乗せたい!!

色々とチャレンジしてみます\(^o^)/

 

☆負荷試験は主治医の指示の元、行ってください。

 我が家の場合はという記事ですので、ご承知おきください。

 

#食物アレルギー

#卵

#生卵

#負荷試験

#減感作療法

#食物アレルギーサポーター

#長崎