食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

食アレっ子の地震への備え~我が家はカレーと缶詰~

昨日の大阪北部地震で被害に合われた方々、心よりお見舞い申し上げます。

 

ライフラインが止まっているとニュースでも繰り返し報道されています。

大阪の従兄もガス管の復旧に携わっています。

地震の揺れに耐えきれず膝をケガしたとのことですが、一刻も早い復旧のために頑張っているようです。

 

食アレっ子の非常食、我が家の場合です。

基本は、

『食アレ対応レトルトカレー。 

紙皿やプラのカトラリー類も準備。

f:id:allergy_nagasakikko:20161010215740j:plain

f:id:allergy_nagasakikko:20180619103810p:plain

 ラップがあれば、紙皿にラップを敷いて使うと洗い物がなく水節約になります。

 

アレルゲンが減ってきたので、今は『缶詰』も。

f:id:allergy_nagasakikko:20170413210059j:image

これらが役に立つことがない方がいいに越したことはないですが、

何事に対しても備えることは大切です。

 

 

今回、備蓄している水や非常食の消費期限などのチェックを今一度しました。

 

授業でも『ポリ袋クッキング』に挑戦して、生徒たちに考えてもらうきっかけを作りたいと考えています。

 

#食物アレルギー

#非常食

#地震

#災害

#備え

#長崎

#食物アレルギーサポーター