食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

長崎茂木びわ♡

f:id:allergy_nagasakikko:20180606212221j:image

長崎は、びわの一大産地です。

生産量国内1位。

国内シェアは20%.

 

茂木びわ

またこの季節になったなと嬉しいですね♡

 

勿論そのまま『生』でも頂きましたが、残りはコンポートに♡
f:id:allergy_nagasakikko:20180606212233j:image

 

息子は美味しいびわを食べて

『ウマイ~(≧∇≦)』

『何個食べていい?』

 

私『好きなだけどうぞ♪』(笑)

 

 

 

息子は最近お会いする方に

「大きくなったね!!肉がついてきたね~!!」

と言われます。

 

アレルゲンが減る度に、もやしっ子だった息子が大きくなっていることを

毎日見ている母も実感しています。

 

小さくて細い息子のことが心配でたまりませんでしたが、

こんなに大きくなったことに感謝(≧▽≦)♡

 

(それでも同年齢と比べると小さいです。
 比べない比べない!!と自分に言い聞かせています♪♪)