食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

生卵寛解に向けて~カツ丼チャレンジ→失敗~

f:id:allergy_nagasakikko:20180727072730j:image

生卵寛解に向けて

~カツ丼チャレンジ→失敗~

 

生卵寛解へ向けて、

ゆで卵9分まで来ています。

 

ここで、かつ丼ってどうなんだろう?

ゆで卵9分の真ん中が結構レアで大丈夫なので

かつ丼もいけるのでは??

 

ということで、冷凍食品のカツ丼にチャレンジ~!!

敢えて冷凍食品を選びました。

 

 

結果は・・・

 

 

下唇が「たらこ」になりました~( ;∀;)

母、攻めすぎました・・・

 

ゆで卵9分より、火が通っていると思いましたが、ダメでしたね。

 

いつもゆで卵ばかりなので、

たまには違うもので負荷を!

と思いましたが、ゆで卵で地道にやっていきます(^^♪

 

#食物アレルギー

#卵

#負荷試験

#カツ丼

#食物アレルギーサポーター

#長崎市