食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

生卵寛解に向けての負荷試験~7分ゆで卵1個~

f:id:allergy_nagasakikko:20181002092345j:image

 

 生卵寛解に向けての負荷試験

7分ゆで卵に到達!!

1個食べることが出来ました\(^o^)/

 

正直、7分半ゆで卵の時期が長かった~(^^;

約1ヶ月半しました。

 

生卵寛解へ向け、15分ゆで卵から始め徐々にゆで時間を少なくしていっています。

 

息子は美味しいお塩(ヒマラヤ岩塩)をかけたら
このトロットロの卵でも食べてくれるので助かっています♪♪
 

 

 

負荷の回数をかなり多くしゆっくり進めているので、

この小さな歩みが大切♡

と思いながら茹でている私です。

 

7分ゆで卵1個をしばらく続けます\(^o^)/

 

 

☆台風24号の被害が出ているようで、心よりお見舞い申し上げます。

  

☆ドクターの指示の元自宅で負荷をしております。

 個々人で負荷試験の進め方など異なることをご承知おきください。

 保護者の責任の元、負荷試験は行いましょう。

 

#食物アレルギー

#負荷試験

#卵

#生卵の負荷

#食物アレルギーサポーター

#長崎市