食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

11月の負荷試験状況

f:id:allergy_nagasakikko:20181129211208j:image

11月の負荷試験状況!!

 

10月に『7分ゆで卵』クリアとなりました。

 

11月に入り、6分半ゆで卵を2回実施しましたが発赤発疹が口周りに出たので、時間を少し長くし6分45秒ゆで卵に変更しました。

すると症状出現なし♪♪

 

卵黄はトロトロでほぼ大丈夫という所まできているので、次は卵白の加熱を緩くしないといけない

ゆで卵では厳しい

目玉焼き?

と考えていた所に、小6家庭科調理実習で目玉焼きをするのですがどうでしょうか?と担任の先生からご連絡頂き、目玉焼きに変更。

最初2回は、しっかりしっかり両面焼いた目玉焼き。

そして3回目は、弱火で片面3分ずつ。

 

26日から体調不良が続いているので、負荷出来ず。

 

以上、11月の状況でした。

 

 

 

今までは週に3回、一日置きなどの負荷間隔でしたが、加熱が緩いのでゆっくりゆっくり♪と思い実施しています。

また、体調不良の時には実施しておりません。

そして時間の変更の際には、夫もいる時間に実施し強い症状が出た時にも迅速に対応できる状況で実施しております。

 

今月はあまり進みませんでしたが、

まぁこのような月もあるさ♪

焦らずゆっくり♡

 

 

☆ドクターの指示の元自宅で負荷をしております。

 個々人で負荷試験の進め方など異なることをご承知おきください。

 保護者の責任の元、負荷試験は行いましょう。

 

#食物アレルギー

#食物アレルギーサポーター

#負荷試験

#生卵

#生卵の負荷

#ブラック岩塩

#長崎市