食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

「エピペン注射液0.3mg」供給回復のお知らせが医療関係者向けに来ました!!

f:id:allergy_nagasakikko:20170727213818j:image

 

「エピペン注射液0.3mg」供給回復のお知らせ

がマイランEPD合同会社より、医療関係者向けに来ました!!

 

文書の日付は2018年12月

 

夫から教えてもらって、文書来るの『今~?!』とビックリ。

長大のドクターからはもう大丈夫!とだいぶ前に教えて頂いており、このタイムラグは何だ??と思ったりもしますが、安定して供給して頂けるということは有難い!!

 

息子、年中にエピペン持ちだして8年ですが、まだまだエピペンなして登校させることは×なので、是非とも安定供給にご尽力頂けることを願っております。

 

ちなみにエピペンとは・・・

『エピペンは、アナフィラキシーがあらわれたときに使用し、医師の治療を受けるまでの間、症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)です。
あくまでも補助治療剤なので、アナフィラキシーを根本的に治療するものではありません。エピペン注射後直ちに医師による診療を受ける必要があります。』

 

f:id:allergy_nagasakikko:20170727221548p:plain

 

 

#食物アレルギー

#食物アレルギーサポーター

#エピペン

#マイランEPD合同会社

#エピペン供給

#長崎市