食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『拝啓、アスペルガー先生』 臨床心理士 奥田健次先生

f:id:allergy_nagasakikko:20181213215719j:image

『拝啓、アスペルガー先生』

臨床心理士 奥田健次先生

 

 

奥田健次先生は、「子育てブラックジャック」と呼ばれる国際的セラピスト。

常識にとらわれない独自の指導プログラムにより、様々な子どもの問題行動を改善させる専門行動療法士・臨床心理士

発達につまずきのある子とその家族への指導のために、全国各地からの支援要請に応えている。日本国内だけでなく、世界各地から招かれる。

行動上のあらゆる問題を解決に導くための洗練された技術と、子ども一人ひとりに合わせて完全にオーダーメイド化された奇抜でユニークなアイデア、指導プログラムの緻密さについて、国内外の関係者から絶賛されている。

2012年4月より行動コーチングアカデミー代表/学校長として浅間山のふもと、西軽井沢に移住。子ども、高齢者、動物らと共に高原での自給自足的生活を目指した試行錯誤を繰り広げている

 

この本は・・・

不登校保健室登校、親や友達への暴力、読みが苦手……
医者にも学校にも見放された子たちが劇的に変わった! 
テレビで「いま最も注目の教育者」と紹介され、
「子育てブラックジャック」とも呼ばれる異才の心理士による、
“ありえへん"カウンセリング。
◎毎日続いていた衝動的な暴力を、1回の相談でゼロに
◎自己主張が苦手な子に、「いかさまトランプ」で遊びながら練習
◎おねしょ、ボヤキ癖、悪夢の不安……心揺さぶる16の物語

「本当に、奇跡のようです」
――著者にカウンセリングを受けた子の親たちがそう語るほどの、
ドラマよりドラマチックな実話です。

小4でおねしょ、暴力が止まらない、教室で座っていられない・・・医者にも学校にも見放された子たちが劇的に変わった!思いもよらぬ方法を伝授する出張カウンセラーの「ありえへん」カウンセリング実録!

 

 

 

私の冬休みももうすぐ終わろうとしています。

(専任の先生は研修に部活にと冬休みもお忙しいですよ~)

ずっと読みたかった本をやっと読みました。

目からうろこ・・・

この視点かっ♡

と、あっという間に読み進められた学び多き本でした。

 

具体例がわかりやすい!!ので、奥田先生の他の著書も読もうと早速ポチッと~♪♪

 

今月の私は、名付けて『自閉症スペクトラムについてもっと学ぼう月間!!』

 

今月末には、長崎では貴重な機会である教員向けの感覚統合の研修会にも参加させて頂きます。

講師は感覚統合学会会長でもあるなごみの杜の土田先生です。
 
 

日程が息子の土曜授業での持久走大会の日だし、1万円手出しだし、この時期に2日連続研修会で私の喘息大丈夫か?・・・と躊躇していましたが、息子も夫もいいよ~♪と言ってくれたので、参加決決定!!

ありがとう~(≧▽≦)♡