食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

息子の『内服薬一覧表&&内服薬入れ&エピペンケース』

f:id:allergy_nagasakikko:20190214140628p:plain

息子の『内服薬一覧表&&内服薬入れ&エピペンケース』


「NHKさんの放送を見ました♪」

「WAKUWAKUさんを見ました♪」

 

と食アレっ子の保護者は勿論、ハンディを持つお子さんの保護者、お預かりする立場の先生方からお問合せのメールを頂戴する日々が続き、誠にありがとうございます!!

 

先生から頂いたメールの中で「命を預かっている!!」ということの意識の高さに、親としても同じ立場の私としては大変有難く&心強く感じております。

 

しかしながら、残念ですが使用目的がご不明な方にはデータ添付、ご遠慮して頂いております。

やはり、食物アレルギー対応は『保護者の責任の元』が大前提でサポートブックデータがあればどうにかなるものではございませんし、保護者に書くことを強制出来るものでもございません。

 

個人が作ったものですので、そのあたりのことも踏まえ信頼できる方にデータをお送りさせて頂くこと、ご了承頂ければと存じます。

 

  

 

以前も記事にしておりましたが、再掲します。

これは息子の内服薬一覧表です。

ワードで一覧表を作りこれ自体を提出した上、同じものをカットして薬を入れているジップロックの表紙にもしています。

f:id:allergy_nagasakikko:20180405085348j:plain

 サポートブックの問い合わせを頂いた方の中で、エピペンや内服薬を持っている・・・という方にはこちらのデータをも添付させて頂いております。

 

そして、 こちらはネットで購入したエピペンケース。

これに100均で買ったポーチに内服薬を入れ&名前タグをつけています。

f:id:allergy_nagasakikko:20180405084411j:plain

 

こちらはエピペンケースの中身です。

エピペン自体のプラケースには、薬局で頂くお薬手帳に貼るべき用紙を入れ込んでいます。

病院名&ドクターのお名前&息子の名前が小さな用紙1枚に書かれてあります。

空港の保安検査場で止められたこともあり、これがあればどうにかなるかと常に入れています。

f:id:allergy_nagasakikko:20180405084437j:plain

 

白く隠している部分には、私の手書きの息子の詳細(名前・アレルゲン・病院・ドクター名)などを書いた用紙を入れています。

f:id:allergy_nagasakikko:20180405084438j:plain

 

勿論、学校などで内服薬・エピペンを使わないに越したことはないですが、いざという時のために『パッと見てわかる!!』ことを念頭に作っています。

 

皆さん、どんな形で内服薬やエピペンを持たせていらっしゃいますか??

 

 

#食物アレルギー 

#食物アレルギーサポーター

#内服薬

#エピペン

#エピペンケース

#学校

#学校持参薬

#長崎市