食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『息子の進学先の中学校へエピペンの貸し出し』

 

f:id:allergy_nagasakikko:20190321214023j:image

『息子の進学先の中学校へエピペンの貸し出し』

のため、息子とエピペンBOXを整理しつつエピペントレーナーで打つ練習しました♪♪

 

 

息子は園で年中の2012年2月の5歳、大きな誤食事故が起こったのを契機にエピペンを持つようになりました。

 

☆エピペン=食物アレルギー発症時に使うペン型の自己注射。

      血圧をあげるアドレナリンが入っている。

☆エピペントレーナー=エピペンを打つ練習が出来るもの。

 

  

息子は命を守るためにエピペン必須の状況のため、エピペンの存在は非常に有難いです。

 

正直、私は息子が

「エピペンを持ったら、学校生活の足かせになってしまう(泣)」

と不安しかなかった時期もあります。

園で誤食事故がなければ・・・という思いを持っていた時期も・・・

 

しかし、エピペンがあるからこそ、

・自宅での負荷を積極的に出来ている

・外食にもチャレンジ出来る

とも思っています。

 

 

幸いまだエピペンを使ったことがない息子ですが、万が一の時に備えエピペントレーナーで定期的に練習をしています。

その姿を見ると、ほんとしっかりしてきたなとしみじみ感じます♡

 

が、エピペンを打つ症状となったら、症状的に息子が打てる状況ではないことが予想されるます。(元々呼吸器が弱い、喘息持ちです)

 

先生方には是非とも研修の機会をお願いしたい!!

 

有難いことに、息子の進学先の中学校の先生は

「貸して頂けませんか?」

と仰って頂きました。

誠にありがとうございます!!

 

 

エピペン・エピペントレーナーを研修で使いたい!!など、数が必要な時がありましたらご連絡頂ければと思います。

 

私も食物アレルギーサポーターの活動で使うため、原則お会いしたことのある方に限らせて頂きますが要相談ということで。

 

私がお話させて頂く講演会研修会の際には、参加者の方に必ずエピペントレーナーに触って頂きます。 

本物のエピペン(期限切れ)とエピペントレーナーを左右の手で持って比べたり、トレーナーを使用し太ももに打ったり。

 

やはり一度触ったことがあると、お子さんの命を預かる立場としてはより安心安全でリスク回避になると考えます。

 

食アレっ子の親としても、学校現場に立ち児童生徒の命をお預かりする立場の1人としても、是非ともエピペンを触る機会の研修会をして頂ければ嬉しく思います。

 

 
☆未使用でも期限がきたエピペンは、病院で廃棄して頂きましょう。
 注射ですので医療廃棄物となります。
 私は食物アレルギーサポーターの活動をしている、そして夫が医療関係者ということで、期限切れのエピペンを持たせて頂いております。

 

 

#エピペン

#エピペントレーナー

#食物アレルギー

#食物アレルギーサポーター

#講演会

#研修会

#養護教諭

#教員

#春休み

#長崎