食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

教職員向け食物アレルギー講演会の目次

f:id:allergy_nagasakikko:20190323120113p:plain

教職員向け食物アレルギー講演会の目次

です。

 

これは昨年、私が実施させて頂いた内容です。

どこかしらの学校で、毎年改定を重ねながらお話させて頂いています。

 

食物アレルギーって・・・

どこから手をつけていいのかわからない・・・

エピペンって・・・

 

様々な多くの疑問や不安をお持ちの現場の先生方のお力に少しでもなりたい、

食アレっ子を真ん中に先生と家庭と円陣を組んでチームとして取り組んでいって頂きたい

と親としても教員としても、熱い想いを乗せてお話しています。

 

<目次>

1 食物アレルギーについて学ぶ意義

 

2 食物アレルギーについて
2-1
 食物アレルギーとは

2-2 特殊な食物アレルギー

2-3 データ

2-4 症状

2-5 治療

 

3 学校現場における対応

3-1 全ての教職員が知っておくべき2本柱!!

3-2 起こさない安全管理

3-4 現場で使える資料3-3 起きた時の危機管理

3-5 エピペン

3-6 エピペン研修

 

4 長崎市公立小学校の対応

 

5 誤食事故の例

5-1 全国での重大事故事例
5-2 息子の誤食事故

 

6 教育現場での個別対応

6-1 アレルギー疾患と関連のある活動

6-2 本人に配慮しながら工夫を!!

6-3 他児への指導

 

7 事故が起こったら・・・

 

8  現場での困り事

 

9 最後に ~親の願い~

 

 

園・学校現場の先生方には、食アレっ子の入園入学で大きな不安を持っている保護者の方々が少しでも安心して「いってらっしゃい」と言える環境・体制作りに取り組んで頂きたいと切に願っております。

 

#食物アレルギー

#食物アレルギーサポーター

#講演会

#研修会

#目次

#教員

#長期休み

#春休み

#保育園

#幼稚園

#小学校

#学校

#長崎市

#長崎