食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『ニキ・リンコ』さん著書

f:id:allergy_nagasakikko:20190507210820j:image

『ニキ・リンコ』さん著書

 

最近の私のインプット

ニキ・リンコさんの著書にハマっております。

 

「自閉っ子、こういう風にできています!」

「続・自閉っ子、こういう風にできています!」

「続々・自閉っ子、こういう風にできています!」

などなど、なるほど~!!という場面、当事者の方はこう感じているんだという初めて知ったことも多く、めちゃくちゃ勉強になりました。

 

続、続々では長大医学部の岩永先生も加わり、非常に興味深いことの連続でした。

 

ニキ・リンコさんは感覚過敏のため生きづらく、

『自閉は身体障害だ』

と仰っており、この言葉が最も心に残りました。

 

へぇー!!ボタンを押しまくりながら読み進めていき、ドはまりして時間が経つのがあっという間~

自分の中では普通、当たり前だと思っていた感覚が、人と違うと知ることの大切さが沁みました。

感謝♡

 

#ニキ・リンコさん

#自閉っ子、こういう風にできています!

#ASD

#おすすめ

#本