食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

職場で回覧 2019-05-13朝日新聞「食べて運動 突然アレルギー」

f:id:allergy_nagasakikko:20190513160226j:plain

職場で回覧

2019-05-13朝日新聞「食べて運動 突然アレルギー」

 

2019年5月13日朝日新聞の一面に食物アレルギー関連の記事が掲載されておりました。

福島のもぐのびさんに教えて頂きコンビニにダッシュしGET~♪♪

 

今日、職場で管理職の先生にお渡ししました!!

記事の件をご存じの先生もいらして、アンテナを張ってくださっていることに感謝♡

 

担任だけ、誰か1人だけ・・・ではなく学校全体として取り組んでいかなければなりません。

改めて『食物アレルギー対応はチームで!!』ということを再確認!!

 

親としても&教育現場で食物アレルギー活動をしている者としても、食物アレルギー児童生徒だけでなく、全児童生徒に対し『食事+運動→体調不良』の場合は運動誘発アナフィラキシーの可能性もあるということを、頭の片隅に入れておいて頂きたい!!と願ってやみません。

 

正直教育現場にいると、給食・お弁当時間は食物アレルギー関連書類の提出がなされている児童生徒に目がいきがちです。 

学校で初めて発症するという可能性を常に頭に入れておかなければならないのですが、なかなか難しい状況です。保護者や本人すら知らなかったというケースもあるのです。

 

紙面の「学校の死角」という言葉に、まさにそうだと改めて考えさせられました。

 

 

 

食物アレルギーの記事を一面のトップ記事に、そして全国で扱ってくださった朝日新聞社様、教えてくださった皆様大変ありがとうございます。 

 

☆これは長崎市内で購入した朝日新聞です。

 同じ朝日新聞でも地域によって違うようです。

 

#食物アレルギー

#食物アレルギーサポーター

#食べて運動

#突然アレルギー

#朝日新聞

#2019年5月13日

#一面

#全国紙

#食物依存性運動誘発アナフィラキシー

#アナフィラキシー

#給食

#学校

#教育現場

#先生方に知って欲しい

#学校の死角

#長崎市