食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

柴田瑠美子先生著『国立病院機構福岡病院の食物アレルギー教室』

f:id:allergy_nagasakikko:20190521210840j:image

柴田瑠美子先生著

国立病院機構福岡病院の食物アレルギー教室』

 

食物アレルギーサポーターの活動を始めて8年。

初心にかえろうと、色々勉強中~

 

この本おすすめです!!

 

国立病院機構福岡病院で25年にわたって「食物アレルギー教室」を指導してきた専門家による「きちんと知って、きちんと治す」入門書です。

 

現在、うちの息子は12歳の中1.

息子が小さい頃、長崎の食物アレルギーのお母さん方が集まる会に参加させて頂いていました。福岡の国立病院機構福岡病院の柴田先生を受診されている方が多くて・・・

福岡まで高速使って通っていることに驚愕!!

 

我が家は、ただ時間だけが過ぎていく状況に、毎日毎食綱渡りの状況に疲弊ししていました。

 

そしてうちの息子も意を決して受診!!

(勿論、夫が仕事休んで運転)

受診中、こんなにもこちらの質問にズバッと答えてくださるドクターがいるなんて~( ;∀;)と嬉しく泣けてくるほどでした。

迷いなく沢山の答えをくださり、毎回受診の帰りは心晴れやかに足取り軽く長崎へ帰っていたのを今でもよく覚えています。

 

 

私がさせて頂いているサポートブックの普及活動の中で、九州沖縄管内の方からお問合せを頂いた時・・・

実は柴田先生が主治医というお子さんのお母さまだと何度目かのメールで判明したり・・・と嬉しいご縁も頂きました。

同じドクターにかかっているなんて、なんだか嬉しくて~♡

 

この本、

出版社は講談社

初版は2015年です。

 

柴田先生のおかげで、息子の食物アレルギーに対する覚悟が出来た私。

(例 小麦の血液検査の数値が振り切れているのでパン屋さんの前、通行禁止など)

私の知識も心も育んで頂き、感謝してもしても足りませんっ!!

 

ありがとうございます(≧▽≦)!!

 

皆様も是非~

ほんとおすすめの本です。

 

  • はじめに
  • 食物アレルギーと診断されたら、どう向き合う?
  • 食物アレルギー教室 1日目 食物アレルギーを正しく理解する
  • 食物アレルギー教室 2日目 食物アレルギーにはどんなタイプがあるの?
  • 食物アレルギー教室 3日目 食物アレルギーの正しい診断を受ける
  • 食物アレルギー教室 4日目 アレルギーを引き起こしやすい食物アレルゲンの特徴を知る
  • 食物アレルギー教室 5日目 食物アレルギーは治りますか? 予防できますか?
  • 食物アレルギー教室 6日目 食物アレルギーでも楽しい食卓を
  • 食物アレルギー教室 7日目 食物アレルギー児の園・学校生活の過ごし方
  • 食物アレルギー教室 栄養満点! おいしい! 国立病院機構福岡病院の人気レシピ

 

#柴田瑠美子先生

#国立病院機構福岡病院の食物アレルギー教室

#福岡病院

#食物アレルギー専門医

#食物アレルギー教室

#食物アレルギー

#食物アレルギーサポーター

#長崎市

#長崎