食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『うちのハムと言えば・・・手作り鶏ハム』

f:id:allergy_nagasakikko:20190603111156j:image

『うちのハムと言えば・・・手作り鶏ハム』

 

作り始めて何年だろう~

 

きっかけは、息子の卵アレルギー。

市販のハムは卵が入っているものが多く、スーパーで手首の運動をしてハムの裏の食品表示を見てはだめだ~の繰り返しでした。

それだったら作ってみよう♪♪と。

 

最初はCOOKPAD見ながら・・・

 

そして江口先生に料理教室で正確な分量・作り方を教えて頂きいざ!!

先生が前もって作ってくださったのを食べたときには、あまりの美味しさに驚愕!!

 

鶏ハム、こんなに美味しいものだったっけ??

と自分のテキトーな作り方を置いておいて、めっちゃ感動したのを覚えています(笑)

 

江口先生の食物アレルギー対応料理教室、8月前半に実施予定ですので皆様是非ともお楽しみに♡

私は、『トマト麹で牛こまビーフシチュー』推しです(笑)

 

#食物アレルギー

#食物アレルギーサポーター

#手作り鶏ハム

#江口先生

#食物アレルギー対応料理教室

#トマト麹

#江口センセ

#江口先生

#長崎市

#長崎