食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『ながさき県民ボランティアセンターで会が集まる場所は・・・』

f:id:allergy_nagasakikko:20190619222242j:image

『ながさき県民ボランティアセンターで会が集まる場所は・・・』

 

先月から大変お世話になっているボランティアセンター、実際に会でお借りする場所を見学させて頂きました。


県民ボランティア活動支援センターは、NPO・ボランティア活動を通して、生き生きと心豊かに暮らしていけるように、共に学び、共に支え合う社会をつくるための拠点です。

 

私たちの会が一番使わせて頂く機会があるのは

『子ども室』かと思います。

収容人数は15人

カーペット敷きで、おもちゃや絵本もあり、ソファーもあり、広くてステキでした~♡

 

今日、ついに書類を提出し審査待ちの状況です。

 

そして別件で運営していく上での懸案事項がご縁によって見事に解決し、めちゃくちゃ嬉しくて有難く、感謝カンゲキ!!と感じています。

 

今日もステキな日をありがとうございました。

おやすみなさい。

 

 

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#食物アレルギー

#ボランティア団体
#長崎