食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『「エピペンケース」とにらめっこ・・・』

f:id:allergy_nagasakikko:20190627213614p:plain

 

『「エピペンケース」とにらめっこ・・・』

 

中1の息子、暑い中の校外学習被爆遺構巡りを来週控えています。

学校を8:15出発~14:20帰着予定

という長丁場でエピペンの温度管理をどうしようかと。

ネットで色々見すぎて、よくわからなくなってきました。

 

小学生の時は『昼食を含むエピペン持参でのこんな暑い時期に外に出る学習』はなかったので、エピペンの温度管理をどうするか悩み中です。

 

同じ公立でも中学生になったら暑くても校外学習するのね~と小学生との違いに焦っている私です。

中高生のお子さんをお持ちの皆さん、一体どうしているのか気になる~!!

 

 

写真は

ONEGenug温度表示エピペンキャリアインスリン冷却器トラベルケース糖尿病治療薬絶縁冷却バッグ(青)

説明文では、

  • トラベルサイズ:スリムインスリンクーラーバッグ20cm * 10cm * 5cm、温度に敏感な薬品で簡単に旅行できます。
  • 耐久性:トラベル薬クーラーは、バイアルを破損から保護し、インシュリンを急速な温度変化と攪拌から保護する、着脱可能なインサートを備えた軽量アルミホイル製です。
  • 温度表示機能:バッグ内部の温度を示す温度ストライプが内部にありますので、はっきり見えることがあります。
  • インナーデザイン:内部にはベルクロデザインが施されています。 2つのコールドパックをケースのポケットに入れることができます(氷は含まれません)。 それは、注射器やインスリンペンやボトルのための3つのオープンポケットなどの小さなものを保持するための2メッシュのポケットを持っています。
  • パッケージには:1xインスリンクーラーバッグが含まれています。 薬を約10時間冷やします。

となっています。

 

名前にエピペンと一応ありますが、これはインスリンメインのケースですね。

インスリン開封前には冷蔵庫内に2〜8℃で保管」という所からも、エピペンは違います。

ちなみにエピペンは15度~30度の常温。

校外学習では班ごとに被爆遺構をあちこち周るので、担任に預けたり日陰に避難も出来ない状況。

 

今の所天気予報では、当日は雨&予想最高気温は27度なのですが、日が差して直射日光が黒い補助バッグに当たる可能性も無きにしも非ずで、悩ましい~(@_@)

 

このエピペン?インスリンケースをぽちっと押そうかどうか、めっちゃ悩んでます~。

このケースの中に保冷剤を入れたら冷えすぎだし、これをエピペンケースとして使っていらっしゃる方の感想を是非とも伺いたい!!

と思っています。

あと一日悩みま~す(^^;

 

#食物アレルギー

#食物アレルギーサポーター

#エピペン

#エピペンケース

#中学生

#校外学習

#長崎市

#長崎県

#長崎