食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『長崎県浦川県議に防災ハンドブックをお渡し!!』

f:id:allergy_nagasakikko:20190816153318j:plain

長崎県浦川県議に防災ハンドブックをお渡し!!』

 

長崎県議会議員

浦川基継議員

LFAさん

『アレルギーっ子ママが考えた防災ハンドブック』

お渡ししてきました。

 

 

既に行政に話を繋げてくださっており、今お返事待ちとのこと。

避難所になる各地域のふれあいセンター、学校担当者に見て頂きたい冊子だとお褒め頂きLFAさんの活動の素晴らしさを改めて実感!!

@livingwithfoodallergy 

 

3年前に長崎市学童保育連絡協議会の食物アレルギー講演会でお世話になった学童の先生が、今回浦川県議をご紹介くださいました。

 

お忙しい中お時間を取ってくださった浦川県議、学童レインボーハウスのT先生、そして防災ハンドブックを作ってくださったLFAさん、誠にありがとうございます!!

 

県登録ボランティア団体「ながさき食物アレルギーの会ペンギン」として、これからも地道に頑張って参ります!!

「食物アレルギーっ子を真ん中に1つのチームに♡」

 

☆写真OK~♪SNSもOK~♪と快く仰ってくださり、気さくな県議さんでした♪♪

 ご縁に心より感謝申し上げます。 

 

#浦川基継県議

#長崎県議会議員

#学童

#レインボーハウス

#LFA

#防災ハンドブック

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#食物アレルギーサポーター

#長崎市学童保育連絡協議会

#アレルギー講演会

#長崎県

#長崎