食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『アレルギーっ子としてあるまじき行為~不覚~( ;∀;) by息子』

f:id:allergy_nagasakikko:20190908163724j:image

『アレルギーっ子としてあるまじき行為~不覚~( ;∀;) by息子』

 

息子と夫でセブンへお出かけ。

セブンゴールド『金の最中あずき』を買って帰ってきました。

 

私が食品表示をチェックすると

「チョコレートコーチング」という文字が。

 

私「これアレルゲンだったよね・・・」

(息子、カカオがアレルゲン)

息子、大・大・大ショック~

ムンクの叫びみたいな顔して

『アレルギーっ子としてあるまじき行為をしてしまった~!!!』

打ちひしがれて、( ;∀;)・・・となっていました。

 

小豆のアイス→❝和❞だから、ぼくのアレルゲンは入っていない!!と決めつけて、食品表示を見なかったとのこと。

 

アレルゲンとして表示されている赤文字は見たのか聞くと、それすら見ていないと。

いつもは慎重すぎるタイプの子なのに、どうした~??

夫も、息子の行動にびっくり~!!

 

まぁ、私から色々と話しました。

いい勉強になりましたね!!という結論。

 

反省したのち、うちの冷凍庫にあった「赤城製菓のあずきバー」を食べていました(笑)

 

そしてしばらくして、ほんのちょこっとだけ「金の最中」を食べました。

本人がどうしても食べたい!!&夫も在宅していた&ここ3年チョコレートを口にしていなかった(カカオアレルギーは10歳で発症)ので、実際食べたらどうなのということを確認してもいいかなと。

 

最中を割ってみると、ホワイトチョコがあずきと最中の間にうっすく入っていました。

最中が湿気るのを防ぐ役割ですかね~??

 

10分後、下唇がぽっこり・・・

はい、まだまだアレルゲンでしたね・・・(@_@)

内服薬も飲まず、すぐに引きました。

本人は二重に良い勉強になったようです。

 

息子はアレルゲンが多かった(15種類以上)からこそ今までは自分の命を守るために慎重に行動していたのに、アレルゲンが減ってきて(現在3種類)ちょっと気が緩んでいる所がありますね~。

まさに油断大敵な出来事で、今後に繋げることが出来る収穫がありました。

 

親の目が届かない所で買い物したり食べたりする機会もある中学生なので、守りすぎて大事になるぐらいなら、親の目の前で食べてもらった方が安心だと考えています。

 

何事もバランスが大事!!

アレっ子を守る&チャレンジする

バランス取りながら、大きくなってくれればと思っています。

 

☆あくまで我が家の息子は・・・という記事です。保護者やご本人の責任の元、食べるか否かの選択はしてください。我が家はかかりつけ病院そばという立地、医療関係者である重症度を的確に判断できる夫も在宅という環境の元、少量食べました。その点ご承知おきください。

 

 

#食物アレルギー

#アレルゲン

#カカオ

#チョコレート

#食物アレルギーサポーター

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#ペンギン

#チョコレートコーチン

#長崎県

#長崎市

#長崎