食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『給食対応~カートの一段目に置くということ~』

f:id:allergy_nagasakikko:20200202205133j:image

『給食対応~カートの一段目に置くということ~』

 

先生方や学生さんにお話する際には言わせて頂く言葉の1つです。

「地球上では物は上から下に落ちる」

 

誤食・混入を防ぐためには!!

とーっても大事なことです。

 

ちなみにこの日は、給食一覧表にあった「ジャム」が息子のアレルゲン。

 

りんごジャム、いちごジャムならいいのですが

「マーシャルビーンズ」(チョコ大豆)

だとカカオがアレルゲンの息子は提供不可。

 

もっと厳重にするなら

ラップをかける!!

(今回はジャムだったのでラップなしで全然OK)

他にも皿やトレイの色を変えるとか、一目瞭然な方法があります。

 

誤食事故が起こったら、みんなが不幸になります。

(我が家、経験有り・・・)

だからこそ、事前の「起こさない安全管理」が重要!!

 

「チーム」で取り組んでいける社会になりますように。

 

#食物アレルギー

#食物アレルギー対応

#給食

#学校

#誤食

#混入

#食物アレルギーサポーター

#食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

#長崎県

#長崎