食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『長崎市社協 災害ボランティア事前登録票提出』

f:id:allergy_nagasakikko:20200402233856p:plain

長崎市社協 災害ボランティア事前登録票提出』

 

市ボラのランタナさんへ行ってきました。

社協の更新書類やボランティア保険、そして災害ボランティア事前登録票の提出をさせて頂きました。

 

日本は災害大国、しかし長崎は災害が少ないからか災害に対する意識が低いと感じることが多々あります。

 

ながさき食物アレルギーの会ペンギンとして出来ること

「食物アレルギー配慮商品の仕分け」

 

ほんの少しでもお手伝い出来たらという思いで書きました。

 

食物アレルギーの現物備蓄、長崎県は0。

長崎市はアレルギー配慮ミルクが少々。

 

今の日本では災害+食物アレルギー=「災害弱者」

みなさま「自助」を!!

 

#長崎市社会福祉協議会

#食物アレルギー

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#ペンギン

#ボランティア団体

#ボランティア

#災害

#食物アレルギー配慮商品

#長崎県

#長崎