食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『長崎市子育て支援ネットワーク定例会』

f:id:allergy_nagasakikko:20200611220718p:plain

長崎市子育て支援ネットワーク定例会』

 

久々に開催、そして参加させて頂きました!!

どの団体さんからもコロナの影響で・・・というお話がありました。

 

特に学童の先生「休校期間中、物品も人員も厳しい状況だったがどうにか乗り切れた」と仰っていたのが印象的でした。

 

コロナの影響下で活動をする難しさ、活動をする際の細心の注意、ルール作りなども再確認出来て、モチベーションup↑↑

ありがたや♡

 

最後の締めで、ランタナ長崎市ボランティアセンター)の所長さんから

今は『さぁ行くぞ!!』という時のために力を蓄える時間

というお話もあり、心に沁みました。

 

繋がることで沢山の学びをいただき、いつもながらご縁に感謝の定例会でした。

 

そして職場の同僚にも会うという(笑)

(お互い任意団体で活動をしており、それぞれ別の団体の代表として参加)

 

みなさま、大変ありがとうございました!!

 

#長崎市子育て支援ネットワーク

#ながさき食物アレルギーの会

#食物アレルギー

#アレルギー

#長崎県

#長崎