食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

「CSO(NPO)広報力講座第1回『広報を知る』」

f:id:allergy_nagasakikko:20201015210439p:plain
CSONPO)広報力講座第1回『広報を知る』」

 

広報・広告の例えでよく出てくるのは

「ラブレター」

という言葉が最も印象に残りました。

 

ながさき食物アレルギーの会ペンギンとして参加。

2時間たっぷりでワークもあり、丁寧に教えていただき勉強になることばかりでした。

そこまで深く考えていなかった自分を反省。

 

また2週間後に第2回目があるので、それまでに今日の復習と宿題をしっかりとします!!

 

講師の先生はじめ、

#佐賀県  (  #佐賀県CSO経営力向上推進事業)

特定非営利活動法人   #佐賀県CSO推進機構

誠にありがとうございました。

 

#広報力

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#ボランティア団体

#ボランティア

#ペンギン

#食物アレルギー

#アレルギー

#長崎県

#長崎