食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『食物アレルギー緊急性の高い症状がない場合の対応スライド』

f:id:allergy_nagasakikko:20201209225124p:plain

 

『食物アレルギー緊急性の高い症状がない場合の対応スライド』

 

昨日のCATさんのイベント「入園入学」で使ったスライドの1枚です。

イベント↓↓↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/m4dxi

 

園・学校の先生方向けの講演会などで使っています。

 

内服薬やエピペンを持っている児童生徒だとそちらに意識がいきがちですが、皮膚についたら

「水で洗う」

という基本的なこともお伝えしています。

 

先生がパニック&慌てて→基本的なところを見落とさないように!!

ご参考までに♪♪

 

#食物アレルギー

#アレルギー

#症状

#対応

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#食物アレルギーサポーター

#長崎県

#長崎