食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『園・学校との情報共有の一例  #サポートブック  無料ダウンロードリンク』

f:id:allergy_nagasakikko:20210201202230j:image

『園・学校との情報共有の一例  #サポートブック  無料ダウンロードリンク』

 

  『サポートブック』

とは、配慮が必要なこどもについて、こどもに関わる方々に知っていただき、安全で楽しく過ごしてもらうための支援ツールです。

 

お問合せが続いたので再掲。 

これは、親である私が作り先生方に見て頂くことにより、息子の命を守ってくださる先生方のご負担や不安が少しでも減ってくだされば・・・共通理解が進めば・・・という思いから作り始めました。

 

#卵アレルギー

#乳アレルギー 

#小麦アレルギー

#食物アレルギー

#アナフィラキシー 

#アナフィラキシーショック

と一言で言っても、症状や状況は様々・・・

正しい情報を正確に家庭と教育現場で共有することが大切だと考えます。

 

このデータを保護者が作成し、学校などで運用すれば事故がなくなるということではありませんが、預ける立場&預かる立場の情報共有のお手伝いが少しでもできれば嬉しく思います。

 

Googleドライブの共有↓

サポートブック入力テンプレート用.doc - Google ドライブ

https://drive.google.com/file/d/1ytV4r72APnDP6rPC_DpYS-aHAYvx8KxI/view?usp=sharing

 

データはA4です。

我が家は印刷する際に1ページに4枚印刷と設定。

印刷→カットしたものをはがきホルダーに入れて、担任の先生にお渡しし息子がお世話になる先生方で回覧していただいておりました。

 

職員室の机、整理整頓されている机もあれば城みたいになっている先生も(^-^;

コンパクトの方がいいかと思いはがきホルダー(目立つ色)に入れていますが、大きさはその時々で変えてもいいかと思います。

 

小学校高学年になるほど専科(音楽・書道・家庭科・・・)の教員が授業に入ることも多くなります。ニュースなどでご存じかと思いますが、今後文科省の方針は5教科に関して専科の教員を!!という話になっています。

関わる教員が増えるということは、いかに事前に情報共有しておくかが事故防止のカギとなると考えます。理科実験や図工は見落としがちな教科です。食物アレルギーがあると気をつけなければいけないのは給食や家庭科だけではありません。

 

免責事項

・このデータはただのワードです。個人用に改変し利用していただいてOKです。

・何を書くスペースかわかるように息子の情報を残している部分もあります。必ず消去していただける方のみダウンロードOKです。

・このデータの情報を個人利用、使用、ダウンロードするなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について理由の如何に関わらず、当方は一切責任を負いません。

・開く環境によっては文字化けなどや開けないなども考えられますが、ご了承ください。

 

 

今回の改訂版は「息子の食物アレルギーに対する気持ち・理解度というページを増設しました。

 「 #アレルギーっ子を真ん中に1つのチームに 」なれることを願っております。

 

尚、 

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

のwebでもダウンロードできるようにしております。 

 

#アレルギー

#食物アレルギー対応

#食物アレルギー面談

#園

#学校

#アレルギー書類

#食物アレルギーサポーター

#家庭科教員

#アレっ子母

#長崎県

#長崎