食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『 #持参薬 #一覧表 #食物アレルギー #喘息 #修学旅行 #学校 #ダウンロードデータ 』

f:id:allergy_nagasakikko:20210418155820p:plain

『 #持参薬 #一覧表 #食物アレルギー #喘息 #修学旅行 #学校 #ダウンロードデータ 』

 

5月修学旅行の学校も多いようで食物アレルギー児童生徒の準備に関してのお問合せをいただくことが増えてきました。

 

これは息子が小6

長崎⇔熊本⇔阿蘇

の修学旅行1泊2日に行った際に私がA4一枚にまとめて学校に提出したものです。

 

#薬局 でいただく #薬剤情報提供書 を元にして作成しています。

そのままだとそれぞれのお薬でいただく時期や病院が同じではないので何枚にもなります。コンパクトに1枚にすると先生方&息子が持ち運びしやすい♪と考えこのようにしました。

 

同じ印刷物を持参薬をまとめたジップロックにも畳んで入れました。

私が引率ならパッと見て薬セットだとわかるジップロックなどの透明なものが有難いです。

決して「薬持たせました~」と口頭だけで教員は判断できません。

薬自体の写真撮影もし掲載をしていただけると助かります。

是非とも詳細な #情報提供 をお願いします。

 

息子の修学旅行、地理的には阿蘇から24時間小児科医がいる病院は下山して40分ぐらいかかるとのことでした。結構遠い( ;∀;)

 

ちなみに酔い止めのトラベルミンは、修学旅行説明会の際に学校側より車酔いをしやすい子は朝から飲んできていただけたらというお話がありました。

一日目はバス→島原→フェリー→熊本→バス→阿蘇という行程。

初めてその日朝から飲むのは怖いので事前に息子のアレルゲンが入っていないことを確認し修学旅行何週間か前の週末、自宅で飲ませて食物アレルギー症状が出ないことの確認もしました。

 

#無料  #ダウンロードリンク ↓

drive.google.com

修学旅行持参薬一覧学校提出用.xlsx - Google ドライブ

https://drive.google.com/file/d/1GnYx5PFPWSmoNA5AmMsHIFFQYCVfpJiu/view?usp=sharing

 

 

免責事項など

・このデータはただのエクセルです。個人用に改変し利用していただいてOKです。

・何を書くスペースかわかるように息子の情報を残している部分もあります。必ず消去していただける方のみダウンロードOKです。

・このデータの情報を個人利用、使用、ダウンロードするなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について理由の如何に関わらず、そして薬の服用などに関しても当方は一切責任を負いません。

・開く環境によっては文字化けなどや開けないなども考えられますがご了承ください。

・処方薬に関してはドクターや薬剤師さんの指示にしたがい服用しましょう。

 

 

息子の場合は、食アレ薬より喘息の薬がいっぱいでした(^-^;

阿蘇は標高が高いのでどうかなと思いながら、親が携帯の着信にドキドキの1泊2日でしたが、無事に帰宅。先生方ありがとうございました!!でした♡

 

直前の息子に関して最終確認の電話の際に担任の先生から、「お母さんたまにはゆっくりしてください♪」と温かいお言葉をいただいて感動したことは忘れません♡

 

修学旅行から元気に「ただいま~♪♪」と子どもたちが帰宅してくれることが一番です♡

 「 #アレルギーっ子を真ん中に1つのチームに 」なれることを願っております。

 

 

#allergy

#アレルギー

#食物アレルギー対応

#食物アレルギー面談

#園

#学校

#宿泊学習

#野外宿泊

#研修旅行

#引率

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#食物アレルギーサポーター

#家庭科

#教員

#アレっ子母

#長崎県

#長崎 

#nagasaki