食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

エピペン使用期限につき・・・

f:id:allergy_nagasakikko:20160602163935j:plain

5月31日に新しいエピペンと交換しました!!

古いエピペンの期限  2016-05 

    ↓

新しいエピペンの期限 2017-07
 
5歳の時に持ち始めて、5本目。
5歳4ヶ月の時、園で誤食事故がありその後アナフィラキシー
アナフィラキシーショック時のために持ち始めました。
エピペンにはアドレナリンという血圧を上げる成分が入っています。
時間の経過と共に成分が分解・変質し薬効が低くなったりするので使用期限があり、
一般の注射剤は3年や5年らしいのですが、エピペンは短い(>_<)
 
0.15mg(体重15kg以上~30kg未満) → ¥8112
0.3mg  (体重30kg以上)      →    ¥10950
これは10割負担の場合の薬価。
うちの場合は、3割負担+「在宅自己注射指導管理料」もかかります。
これが約一年に一回・・・
ちなみに食物アレルギーの血液検査は2万円超え(@_@;)
(うちは検査項目が多いから高い・・・)
 
この4月から長崎市の小学生は医療費の補助が出るようになって本当に助かる~(;_;)
毎晩喘息予防薬のキプレス(1錠の薬価¥237.30)も飲んでいるので、
家族3人分の医療費は毎年すごい(T_T)
2月に医療費還付してます。
働かんば~!!