食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『 #食物アレルギー症状出現時対応票 #無料ダウンロードデータ 』

f:id:allergy_nagasakikko:20210612214507p:plain

『 #食物アレルギー症状出現時対応票 #無料ダウンロードデータ 』

 

最近作っていたものの一つ。

食物アレルギー症状出現時に教員がこれを見たら動きやすい!というものをと考えながら作りました。

この画像はPDFですが、無料ダウンロードデータはエクセルでA4両面。

 

この他に病院への電話の際の具体的な文言、主治医のお名前、診察券番号なども書いています。ここは主治医と事前に確認しておくこと。

 

裏には

・軽微な症状の時の具体的な対応

 (重症な時のことばかり想定していると見落としがちのため)

・アレルゲンの詳細表

 (給食で誤食した食材を早く確認しどれぐらいの量を摂取したのか判明させるため)

 

情報が多すぎてもわかりにくいし少なすぎてもいけないし・・・と、この2ページに結構悩み考えました。

 

我が息子、来月には修学旅行、9月には研修合宿を控えているので仕事でもプライベートでもしばらく使ってみてまた改定していこうと思っています。

 

無料ダウンロードデータ↓ 

食物アレルギー症状出現時対応票(配布用).xlsx - Google ドライブ

https://drive.google.com/file/d/1X8B-1ArVZz7gupSmfrnBN4EPBKObPhnU/view?usp=sharing

 

免責事項

・このデータはただのエクセルです。個人用に改変し利用していただいてOKです。

・このデータの情報を個人利用、使用、ダウンロードするなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について理由の如何に関わらず、当方は一切責任を負いません。

・わかりやすいように情報を既に記入しているところもあります。写真・内服薬の使い分けなどはうちの息子の情報です。必ず削除し主治医に確認した情報をご記入ください。

・開く環境によっては文字化けや開けないなども考えられますがご了承ください。

 

このデータを学校などで運用すれば事故がなくなるということは決してありませんが、預ける立場&預かる立場の情報共有のお手伝いが少しでもできれば嬉しく思います。

 

 『食アレっ子を真ん中に1つのチームに』なれることを心より願っております。

 

#緊急時

#緊急時対応

#修学旅行

#合宿

#宿泊合宿

#食物アレルギー

#食物アレルギー対応

#小学校

#中学校

#高校

#教育現場

#学校現場

#家庭科

#教員

#家庭科教員

#食物アレルギーサポーター 

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#アレっ子母

#長崎県

#長崎