食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『 #日本アレルギー学会学術大会 #ハイブリット 』

f:id:allergy_nagasakikko:20211009203526j:image

『 #日本アレルギー学会学術大会 #ハイブリット 』

 

第70回日本アレルギー学会学術大会

http://jsa70.umin.jp/

 

今日は8:20~18:55まで、多くのことを学ばせていただきました。

 

今、頭の中では

#食物アレルギーとアトピー性皮膚炎

#アレルギーマーチ

#アレルギー専門医

#トータルアラジスト

#初期治療の重要性

などなどグルグルまわっておりますwww

 

成育の大矢先生の

「アレルギーマーチのこれまでとこれから」

 

”これまで”

なんて考えたこともなく、

#同愛記念病院小児

#馬場実 先生

が提唱されたお言葉と今日初めて知りました。

 

アレルギーマーチ

とは、

アトピー素因がある人にアレルギー疾患が次から次へと発症する様子

のことです。

 

具体的には

乳児期に牛乳、卵などの摂取により皮膚症状(湿疹やアトビー性皮膚炎)や消化器症状(下痢、腹痛、便秘など)がおこり、生後6カ月頃になると喘鳴、1~2歳になると呼吸困難も加わって気管支喘息発作をおこすようになること

 

うちの息子もまさにこれ。

乳児湿疹→アトピー性皮膚炎→食物アレルギー&喘息→鼻炎&花粉症

と辿っております。

 

 

 

アトピー性皮膚炎治療最前線2021」

#藤田医科大学ばんたね病院
#矢上晶子 先生
皮膚のコントロールの全身療法
 

#大塚篤司 先生

#金属を多く含む食材 の表にはびっくり。

 

コーヒー

ココア

紅茶

を控える

 

チョコレート

を食べない

という指導で明らかに皮膚症状がよくなっている写真、特に印象に残りました。

 

この他、10月18日以降にオンデマンド配信してくださるご講演は、後日言葉を調べながら勉強させていただこうと考えております。

 

明日大会最終日となります。

 

特に11:10~の

#時計じかけのアレルギー

という演題に興味を引かれております。

 

勿論

10:15~の

海老澤先生のご講演も見たい!!

 

ハイブリットだからこそ、長崎からも拝聴できることに感謝♡

 

まだ参加登録できますよ~♪♪

 

 

#食物アレルギー
#アレルギー
#allergy
#アレっこ
#エピペン
#ながさき食物アレルギーの会ペンギン
#ボランティア
#ボランティア団体
#子育て
#食物アレルギーサポーター
#家庭科
#教員
#アレっ子母
#長崎県
#長崎
#nagasaki