食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『1月31日幼児教育学科向け講演会』

f:id:allergy_nagasakikko:20200121165721j:plain

『1月31日幼児教育学科向け講演会』

 

来週の講演会!!

私の「食物アレルギーサポーター」の活動、2011年にこちらの学校でお話させて頂いたことが始まりです。そして息子の誤食事故の際、私たち親子を救ってくださった先生の出身校でもあります。

 

4月から保育園幼稚園などの現場に出る115名の学生さん向けです。

毎年熱心に聞いてくださり、有り難い限りです。

 

食アレっ子を預ける立場の親として、そして預かる立場の教員として、限られた時間でギュギュっとお話させて頂きます!!

 

長崎はインフルが~( ;∀;)

私も息子もかかりませんように!!

 

#食物アレルギー

#講演会

#保育士

#幼稚園教諭

#保育園

#保育所

#こども園

#研修

#食物アレルギー対応

#学校

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#食物アレルギーサポーター

#食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

#長崎県

#長崎