食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『公益財団法人ニッポンハム食の未来財団さんから学研「食物アレルギーのひみつ」プレゼント応募期間中~2/24まで』

f:id:allergy_nagasakikko:20211212145056p:plain

『公益財団法人ニッポンハム食の未来財団さんから学研「食物アレルギーのひみつ」プレゼント応募期間中~2/24まで』

 

#ニッポンハム食の未来財団さん

いつもありがとうございます!!

『 #食物アレルギーのひみつ 』プレゼントキャンペーン中です。

しかも300名♡

 

 

 

アレルギーの日(2月20日)にちなんで、『食物アレルギーのひみつ』を抽選で300名の方にプレゼントいたします。
募集締め切りは2022年2月24日。
 
ご希望の方は以下の要領で問い合わせフォームよりお申込みください。
応募方法等の詳細はこちらをご覧ください▽▼
 

■応募方法

当財団ホームページお問い合わせフォーム(https://www.miraizaidan.or.jp/support/)よりお申込みください。

(注1)住所および電話番号を必ず入力ください

(注2)お問い合わせの内容欄で「出版物について」を選択のうえ、『食物アレルギーのひみつ』プレゼント希望と明記ください。

 

 

皆さんこの機会に是非♡

https://www.miraizaidan.or.jp/information/2021.html#info211021

 

 

 

同じクラスのお友達への説明、どうされていらっしゃいますか??

この本はH28年3月末に完成し、全国の小学校(約22300校)及び公立図書館へ寄贈されたとのこと。

 

今年度は4月より、小5・6年(小1のお世話係さん)と新1年生の学級に置かせていただきました。1年生には難しいかと担任と話していたのですが大人気とのことで嬉しかったです♡

 

大人である教員が読んでも、そして子どもである小学生が読んでも、わかりやすく読みやすい内容で学ぶことが多い本です!!

 

内容は、ミクちゃんという乳アレルギーの転校生がやってきて

・給食、調理実習、旅行などについてどうすればよいか

・食物アレルギーだけではなく、世界中には色々な文化や風習、宗教があり食べ物に関する様々な決まりがあるが「食べるものは色々でも食は楽しい」

 

 

食物アレルギーのひみつ | まんがひみつ文庫 | 学研キッズネット

ウェブサイトで『まるごと読めるよ!』という所をクリックすると、まるごと読めます♡

 

https://kids.gakken.co.jp/himitsu/113/

 

 

学研さん、ニッポンハム食の未来財団様、アレっ子の親としても&教育現場に立つ者の一人としても有難い限りです!!

心より感謝♡

 

 

#食物アレルギー
#アレルギー
#allergy
#アレっこ
#エピペン
#ながさき食物アレルギーの会ペンギン
#ボランティア
#ボランティア団体
#子育て
#食物アレルギーサポーター
#家庭科
#教員
#アレっ子母
#長崎県
#長崎
#nagasaki