食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『今日の息子の食事~家庭科で習ったことを実践~』

f:id:allergy_nagasakikko:20190620071437j:image

『今日の息子の食事~家庭科で習ったことを実践~』

 

今日から息子初めての定期考査である1学期期末考査

 

朝5時に起きて勉強したらしく、私が起きた6時には朝食をちょうど準備中~♪♪

 

今日の1時間目は技術家庭科の試験とのことで、楽しそうに家庭科の教科書を見てバランスや一食分を考えながら冷蔵庫の残りものを選んで並べていました。

 

いつの間にこんなことが出来るようになったのかと嬉しく思いながら見ていました♡

自分で考えて実践してみることの大切さを垣間見た朝の1コマ~。

 

食物アレルギーも然り・・・

子どもは子どもなりに色々と考えていることを忘れてはいけないと改めて考えました。

 

以前伺った、有名なOT(作業療法士)の先生のお言葉

『楽しくなければ療育じゃない♪♪」

を思い出しました。

 

食事にも「楽しさ」って大事♡

 

今日も元気で帰ってきてね~(^^♪

 

#食物アレルギー

#食物アレルギーサポーター

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#朝食

#定期考査

#食アレっ子の食事

#自分で考える

#長崎市

#長崎