食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『息子、入院中の食事』

f:id:allergy_nagasakikko:20190722145621j:image

『息子、入院中の食事』

 

現在のアレルゲンは

生卵、キウイ、カカオ

の息子です。

 

今回、喘息発作が続きもう外来での連日吸入&点滴は限界ということで→入院となりました。

入院が決まって病棟に上がったのが10:30ぐらい。

 

で、昼食が迫っていたので先に食事のことを!!とアレルゲンを看護師さんにお伝えしそして栄養士さんがすぐに部屋まで来てくださりお互い細かい確認。

 

朝食が7時のため、母はその時間行けない~(@_@)

しかし本人が自分自身でしっかりと確認出来るようになり、任せられる部分も多くなってきたので安心感が以前とは大違い~

 

息子がまだ小さい時の喘息入院時、醤油もアレルゲンだったのです。

栄養士さんが『しょうゆの代わりに、しょうゆもどきを作って使います!!』と説明してくださり、それを使いしょうゆ味の色々な食事を出してくださって。

ほんとよくぞ難易度高いことをしてくださって、驚き&感動したことを思い出します♡

 

 

今回の入院の食事、最初は年齢相応の12歳のカロリー計算で米飯140gでした。

翌日、息子『お腹減った~( ;∀;)』とのことだったので看護師さんに伺がってみると……

ご飯大盛りにしてみようか♪♪

とご提案を頂き、大盛り決定!!

 

2000キロカロリーを毎食完食している息子です。

食欲があることはいいことだー♪

 

喘鳴が昨日から減ってすっきりした音になってきたので、明日退院?

どうだろう~??

 

今、喘息さん私の周りで大人も子供も多いです~

病室のお隣さんは知り合いという状況。

皆様、お気をつけて。

 

 

#食物アレルギー

#アレっ子の入院

#喘息での入院

#アレっ子の食事

#喘息大流行り

#入院患者多い