食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『食物アレルギー相談援助研究会「相談事例検討会」参加』

f:id:allergy_nagasakikko:20210228200959p:plain

『食物アレルギー相談援助研究会「相談事例検討会」参加』

 

主催:#FaSoLabo京都 さん

 

大変ありがたい3時間でした!!

アレルギー専門医はじめ、社会福祉士、医療ソーシャルワーカー、スクールソーシャルワーカー、管理栄養士、支援者など多職種の皆様が一同に介し、1つ1つの事例に対して意見やアドバイスを出し合うという会。

こんな贅沢な会があっていいのか!?

 

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

としても

#食物アレルギーサポーター

としても

預かる #教員 としても

熱い学びの3時間でした!!

 

主催のFaSoLabo京都 さん、そして委員の皆様、ご参加の皆様大変ありがとうございました。

 

当会の皆様に還元できるよう、これからも学びの機会に参加して参ります。

 

#食物アレルギー

#アレルギー

#家庭科

#アレっ子母

#長崎県

#長崎