食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

『 #村の菓子工房 #やさいのカリカリ #長崎県西海市 』

f:id:allergy_nagasakikko:20211021213016j:image

『 #村の菓子工房 #やさいのカリカリ #長崎県西海市

 

 @mura_kashi_

https://muraho.thebase.in/

 

お店にやっとやっと初めて行きました!!

もー超感激でした(*'▽')♡

 

一番大好きな

「やさいのカリカリ」

→「お母さんが子供に食べさせたいお菓子」がコンセプト

体に優しく、地元の野菜をふんだんに使ったお菓子で、卵、バター、牛乳などの乳製品、小麦粉、上白糖を使用していないノンフライの焼き菓子。スナック菓子の様なカリッとした食感が楽しめ、原料にこだわった体に優しいお菓子として注目されています。

 

品質に問題がないものの形がおかしく、市場にだせない地元野菜を主原料にしている点などもポイント。其々の野菜の味がしっかりと感じられ、一つ食べると手が止まらなくなる美味しさです。

 

#特定原材料7品目

(卵・乳・小麦・落花生・そば・カニ・エビ)を持ち込まない工房を新設し、製造してくださっております。

 

 

10月1日インスタグラム @mura_kashi_投稿の

「近々お店閉めます」

に衝撃を受けましたが、


「村の菓子工房を廃業し、
合同会社murakashi”として
生まれ変わります。
小売り販売は大幅縮小し、
卸売業に専念します。
新しい会社は、
やさいのカリカリを中心に
ヴィーガングルテンフリー
(動物性食材・小麦粉不使用)
のお菓子を製造します。」

 

今後も

やさいのカリカ

などを手に入れることはできますが、ショーケースのケーキなどはもうお目にかかれないということで、本日往復100km以上運転して姉と行ってきました。

 

平日にも関わらずお忙しくされていて、でも少しだけお話出来て有難かったです♡

 

ケーキ、焼き菓子を購入。

今日は家族3人でケーキ類をいただきました。

 

うん、おいしさがめっちゃ沁みる♡

おいしいな~♡♡♡

 

こんなおいしいケーキを作ってくださってありがとうございます!!

これからも

やさいのカリカ

はじめ、 #むらかし さんのお菓子を楽しみにしております♡

 

#食物アレルギー
#アレルギー
#allergy
#アレっこ
#エピペン
#ながさき食物アレルギーの会ペンギン
#ボランティア
#ボランティア団体
#子育て
#食物アレルギーサポーター
#家庭科
#教員
#アレっ子母
#長崎県
#長崎
#nagasaki