食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

常時エピペン持ちの食物アレルギー男児がいる家庭科講師の母です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って活動しています。息子が小さい頃はお米・麦茶も症状が出て15種類以上陽性。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在12歳、生卵・キウイ・カカオの3種類まで減る。

食物アレルギー補助治療薬『エピペン🄬注射液 一時的な供給不足』とのこと

f:id:allergy_nagasakikko:20180306073328p:plain

 

『エピペン®を日本で製造・販売を行うマイランEPD合同会社より、エピペンが一時的な供給不足』

とのこと、昨日夫から聞いてびっくり~(◎_◎;)

エピペンを一度も出したことがない病院ですが、文書が来たそうです。

従って、全ての病院に文書出しているのかな・・・とのこと。

 

 

息子のエピペンを取り出して、念のため年月を確認!!

うちのは「2018年9月」でした。

 

期限が近々に迫っている方にとっては死活問題です。

「一時的」ってどのくらいなの~( ;∀;)

まさかの事態で、ぎょえ~( ;∀;)となっている私です。

 

エピペンをお持ちの方は年月の確認、主治医への確認を!! 

うちも受診時にドクターに伺ってみます!!

 

★エピペンをお持ちの園児・児童・生徒をお預かりしている教育関係者の方も一度年月のご確認をお願いします。

 

#食物アレルギー

#エピペン

#エピペン供給不足

#使用期限

#エピペン持ち

#教育関係者