食物アレルギーっ子の日々のあれこれ

エピペン携帯マルチ食物アレルギー中学生を持つ家庭科講師です。教育現場と食アレッ子家庭の架け橋・サポートをさせて頂きたいという思いから『食物アレルギーサポーター』と銘打って講演会などの活動をしています。息子が小さい頃はお米・麦茶を含む15種類以上のアレルゲン有。ドクターの指示の元、減感作療法を実施し現在生卵・キウイ・カカオの3種類までアレルゲンは減りました。

 『 #教職員向け #マクドナルド #食育教材 簡単便利な活用方法体験イベント』

f:id:allergy_nagasakikko:20210821104605j:image

 『 #教職員向け #マクドナルド #食育教材 簡単便利な活用方法体験イベント』

 

本日午前の部に参加させていただきました。

 

#食育の時間+

 

とは、食育基本法が制定された2005年から学校現場における食育をサポートするために、

#日本マクドナルド株式会社

 

“企業と学校をつなぐかけはし”となるべく活動している

#千葉大学藤川大祐教授

の率いる

#NPO法人企業教育研究会

 

教育コンテンツを数多く手がける

#NHKエデュケーショナル

の3者が協働して取り組まれていらっしゃいます。

 

活動実績はなんと

・授業回数 7956回

・児童生徒数 237977名

 

2019年にフルリニューアルし「食育の時間+」に。

 

食育の時間+

https://www.chantotaberu.jp/

 

テーマ別

https://www.chantotaberu.jp/jikan/ 

1 朝ごはんの大切さ

2 栄養バランスと五大栄養素

3 食事と運動

4 食事と衛生管理

5 楽しい食事

といった従来からのテーマについては内容充実を図り、幅広い視点から食育の取り組みができるよう「6 食物アレルギー」「7 食品ロス」を新設しています。

 

↑こちらの食物アレルギーを益子は小学校で使わせていただいたことがあり、子どもたちは前のめりに取り組み、おかげ様で充実した1コマになりました。

 

#SDGs

に関して #食品ロス

#欠食

に関して #朝ごはんの大切さ

などを使われている先生方が多いようでした。

ディスカッションでは、管理職、家庭科教員、養護教諭栄養教諭と様々な職種の先生方のご参加がありました。

 

 

指導案に動画にワークシートにと、盛り沢山の内容でそのまま授業で使える有難いweb♡

 

#夏休み の

#自由研究に

使えるコンテンツにもなるかと思います。

 

本日は貴重な学びの場をありがとうございました!!

 

#小学生

#食育

#他児

#クラスメイト

#説明

#担任

#栄養教諭

#栄養士

#食育指導

#食物アレルギー

#アレルギー

#allergy

#小学校

#総合

#総合学習

#ながさき食物アレルギーの会ペンギン

#ボランティア

#食物アレルギーサポーター

#家庭科

#教員

#アレっ子母

#長崎県

#長崎